ManagementObjectの[Properties]や[SystemProperties]

ManagementObjectクラスのObjectの[Properties]や[SystemProperties]を
呼び出す時は、PropertyData[]に一旦変換すると調べやすい。
([PropertyData]の呼出引数が[string propertyName]の為)

ManagementObject MyObject
PropertyData[] MyArray = new PropertyData[MyObject.Properties.Count];
MyObject.Properties.CopyTo(MyArray, 0);
(※MyObjectには目的のManagementObjectを格納して下さい)


posted by RingCat at 11:38Comment(0)tips

Properties - Win32_PnPEntity

ManagementObjectとして格納された、Win32_PnPEntityクラスのProperties

(※[MyObject]にはWin32_PnPEntityクラスのObjectを格納して下さい。)
ManagementObject MyObject
PropertyData[] MyArray = new PropertyData[MyObject.Properties.Count];
MyObject.Properties.CopyTo(MyArray, 0);

上記におけるMyArrayの内容。(詳細はぼちぼち追記予定)
(要素数:24)

[0]:AvailabilityCaption / 型:UInt16

[1]:Caption / 型:String
オブジェクトを短いテキストで表した説明です。

[2]:ClassGuid / 型:String
プラグ アンド プレイ デバイスを一意に識別するグローバル一意識別子 (GUID) が含まれています。

[3]:CompatibleID / 型:String[]

[4]:ConfigManagerErrorCode / 型:UInt32

[5]:ConfigManagerUserConfig / 型:Boolean

[6]:CreationClassName / 型:String

[7]:Description / 型:String

[8]:DeviceID / 型:String
プラグ アンド プレイ デバイスを識別する文字列が含まれています。

[9]:ErrorCleared / 型:Boolean

[10]:ErrorDescription / 型:String

[11]:HardwareID / 型:String[]

[12]:InstallDate / 型:DateTime

[13]:LastErrorCode / 型:UInt32

[14]:Manufacturer / 型:String

[15]:Name / 型:String

[16]:PNPDeviceID / 型:String

[17]:PowerManagementCapabilities / 型:Uint16

[18]:PowerManagementSupported / 型:Boolean

[19]:Service / 型:String
プラグ アンド プレイ デバイスをサポートするサービス名。
例:"USBSTOR","WinUSB","disk"

[20]:Status / 型:String
オブジェクトの現在の状態を示す文字列。
例:"OK","Error"

[21]:StatusInfo / 型:Uint16
論理デバイスの状態を示します。
※null値が入る事もありますので要注意

[22]:SystemCreationClassName / 型:String

[23]:SystemName / 型:String
posted by RingCat at 10:42Comment(0)tips

コマンドプロンプト非表示

C#
コンソールアプリケーション実行時に表示される「コマンドプロンプト」画面を表示しない方法。
(簡易版)

出力の種類を「コンソールアプリケーション」→「windowsアプリケーション」に変更。
画像.jpg
posted by RingCat at 10:06Comment(0)tips